群馬県立伊勢崎興陽高等学校 

創立当初の本校舎(大正10年頃) 剣道部(創立時に庭球部と共に誕生した)
大正 9年 3月 郡立佐波農学校として設立認可。
   同 年 4月 開校(農業科1学級募集)。開校記念日11月26日。
 同12年 4月 県移管 群馬県立佐波農業学校と改称。
昭和20年 4月 女子専修科新設。
同21年 4月 女子専修科を女子本科に改称。
同23年 4月 群馬県立佐波農業高等学校と改称。農業科(6学級)・農村家庭科(3学級)を置く。
 同 年10月 定時制設置(普通科8学級) 玉村分校、綿打分校を開校。
同26年 4月 農業科を1学級増。
同34年 4月 玉村・綿打両分校独立。県立玉村高等学校・県立新田農業高等学校となる。
同38年 4月 農業科を1学級減。食品化学科を設置。農村家庭科を生活科に改称。
同44年 3月 定時制課程普通科廃止。
同 年 4月 園芸科を設置。
同 年 5月 第二農場新設。
同56年 4月 農業科を1学級減。食品化学科を1学級増。
平成 2年 4月 食品化学科2学級を、食品科学科、食品流通科に改編。
同 3年 4月 生活科を生活科学科に改称。
同 5年 4月 群馬県立伊勢崎興陽高等学校と校名変更。農業科と園芸科募集停止し、 生物科学科に改編。都市工学科(工業系)を新設。
同11年 3月 東村第二農場敷地31,659u園芸試験場へ移管される。
同 年 6月 山王町に第二農場敷地21,277u県より移管される。
同12年 3月 第二農場に実習棟417u新築。
同 年 4月 くくり募集(生物生産科2コース、食品文化科2コース)3学級を開始。 生物科学科・食品科学科・食品流通科・生活科学科募集停止。
同 年10月 創立80周年記念式典挙行
16年12月 教室棟改修耐震工事完了
17年 3月 多目的棟完成
4月 総合学科に改編、いのちと緑を育む系列・食を科学する系列・食と経済を考える系列・花と緑で環境を創る系列・福祉と人間を学ぶ系列・生活と文化を築く系列の6系列を設置
18年 3月 都市工学科棟1階を福祉系列実習室・講義室に改修
10月 ステンドグラスを図書館天窓に設置
19年 2月 校門を移設し、歩道が完成
南門と付設道路設置
4月 全学年が総合学科となる
20年 3月 総合学科一期生卒業
22年 3月 福祉棟改修、管理棟改修耐震工事完了
4月 1年生、1学級増(5クラスになる)
11月 創立90周年記念式典挙行
23年 4月 1年生、1学級減(4クラスに戻る)
24年 4月 1年生、1学級増(5クラスになる)

校舎と60周年記念庭園