福祉系列では、福祉の理念や制度など基礎的なことを学習する社会福祉基礎をはじめ、

                  たくさんの授業を実施しています。                    

今日は、「コミュニケーション技術」と「介護総合演習」、「生活支援技術」をご紹介します。

                  コミュニケーションに関する基礎的な知識と技術を習得し、援助活動で活用する
                  能力と態度を育てます。           
                  今回の授業では、介護施設の利用者さんとのコミュニケーションを取るためのツ
                  ールとして、季節の壁面製作を行いました。

                折り紙で、シックな七夕飾りを製作しました。色遣いや造形で、折り紙が大人の飾り
                  となりました。

                 今週(7月第2週)からは、昔の遊びのお手玉を製作します。

マイ針山を最初に作ります。       

 お手玉は3個作る予定です。       

                ↓ 縫い物に真剣です

111111

介護実習の事前・事後学習を中心に行っ
ています。
生徒は毎週水曜日に介護施設で実習を
行っ ています。
111111

            4月から実習が始まり、現在は利用者さんとコミュニケーションを取ることを中心に実習を
           行っています。認知症を患っていらっしゃる利用者さんの理解を深めるために。認知症に
           ついて学習を行いました。

自分の記憶が消えていったら・・・

認知症の方の気持ちになって考えました。

111111111

認知症になって、まず、つらいのは

ご本人ではないのか?

  ご本人の、つらい気持ちに寄り添える

ようなコミュニケーションを取るように

していきたいと考えました。

111111

自分らしい生活をしていくことを支援する技
術を学習する。
今回の授業では、家事援助の実習として


天ぷらそうめん

をつくりました。初めての揚げ物! という人も

上手に カラッと 揚げることができました。

 これで、ホームヘルプにいっても作れるかな?

111111